日本食について

日本食について


「日本食」は最も定義が広い言葉

「日本食」というのは、日本人が現在食べている食事や文化全般を指す言葉です。

日本の伝統的な和食はもちろん、明治時代以降に入ってきた西洋料理が日本に根付いてできた「洋食」、さらに中華料理まで・・・私達日本人が日常食べている料理を包含して「日本食」と言います。

また、最近では、日本食が海を渡り、世界各国でその土地の風土に合わせた独自の進化を遂げているケースもあります。こういった場合、現地のレストランは「日本食レストラン」と呼ばれたり、「日本食ブーム」なんていう言葉が使われたりするんですね。

「和食」は日本の伝統的な食文化のこと

日本食が、日本に根付いた洋食などを含めるのに対して、和食は、日本古来から伝わる伝統的な食事や文を指す言葉です。

日本食のところでも書いたように、明治以降、海外から色々な食文化が入ってきました。

また、第二次大戦後は、アメリカの影響下で食文化が激変し、最近は、味噌汁と飯とたくあんといった典型的な和食を食べることも減ってきています。

日本人自身が、もはや何が日本独自の食文化なのかわからなくなっていますね。

このような状況に危機感を抱いた人たちが中心になり、2013年、「和食」がユネスコの世界無形文化遺産に登録されています。

まあ、色々な小難しい定義はあるようですが、要は、日本の伝統的な食文化を「和食」と定義しているわけで、この中には、スパゲッティやラーメンは含まれていないわけです。

洋食は和食とは違うが、日本食に含まれる

明治以降、日本にはフランス料理やイタリア料理といった「西洋料理」が伝来しました。

アレンジが得意な日本人は、これらを日本流に改良し、日本の文化に根付かせていったのです。あんぱんやパスタ類、ハンバーグ、すきやきなど、日本独自のものなのか外来の料理なのか区別つかないものが、現在の日本にはたくさんあります。こういった「日本文化の中に根付いた西洋料理」を洋食と呼びます。そのため、「洋食」は日本の伝統的な食事である「和食」とは異なりますが、日本人の食文化に根付いているために「日本食」でもあるのです。

日本食を食べられる場所はどこか?


とんかつ、照り焼き、お好み焼き、丼物、和菓子、しゃぶしゃぶ、カレーライス、天ぷら、ラーメン、寿司などが外国人に人気の日本食である。

これらを食べるには、定食屋、居酒屋、ファミレスに行けばいい。

チェーン店であれば、メニュー英語対応もしているため、一人でも入れます。

定食を主として提供する飲食店を一般に定食屋、または大衆食堂と呼ぶ。

以下、有名なお店を紹介します。

定食屋・・大戸屋、やよい軒

居酒屋・・磯丸水産、魚民、笑笑、

ファミレス・・ガスト、ジョナサン、デニーズ

これらの店は、全国展開しており、見つけやすいと思うので、是非行ってみてください。