【特集】なだ一

【特集】なだ一

今回はなだ一(MAP )という渋谷のんべい横丁の居酒屋をご紹介します。

「渋谷のんべい横丁」は若者の街である渋谷の中で、昭和の雰囲気が残っている場所として人気があります。ひとつの店舗に数人しか入らないという小さな居酒屋がたくさん存在している横丁です。今回は渋谷駅から徒歩1~2分の距離にも関わらず、昔の日本にタイムスリップできる渋谷のんべい横丁の中でなだ一というお店を紹介します。のんべい横丁は渋谷でも昭和の雰囲気が残っている場所として以前ご紹介しました。

https://tokyonightowl.jp/frees-1/のんべい横丁のオススメ居酒屋4.html

渋谷のんべい横丁の居酒屋に興味ある方は是非ご覧ください。

なだーについて

「なだー」は渋谷のんべい横丁が始まった1950年頃から続いている老舗の横丁のおでん屋さんです。現在の女将は3代目となっており、3代受け継がれている秘伝のつゆに加え、年々研究・改良をすることで、絶品のおでんが作られています。おでんの他にもお酒にあうおつまみが揃っています。カードの利用はできませんので、注意が必要です。

とはいえ、渋谷のんべい横丁ではこの居酒屋がいちばんオススメです

店内の雰囲気

なだ一は店構えから歴史を感じる渋谷のんべい横丁の居酒屋です。例えるならば古民家におでん屋台を丸々入れてしまったイメージです。店内は13席のカウンターのみです。カウンターのみなので、女将との距離も近く、おでんを味わいながら、女将との会話もしやすいアットホームな居酒屋です。ただし大人数で飲むには向いていませんので、注意が必要です。とはいえ、渋谷のんべい横丁ではこの居酒屋がいちばんオススメです

店内の雰囲気

なだ一は店構えから歴史を感じる渋谷のんべい横丁の居酒屋です。例えるならば古民家におでん屋台を丸々入れてしまったイメージです。店内は13席のカウンターのみです。カウンターのみなので、女将との距離も近く、おでんを味わいながら、女将との会話もしやすいアットホームな居酒屋です。ただし大人数で飲むには向いていませんので、注意が必要です。とはいえ、渋谷のんべい横丁ではこの居酒屋がいちばんオススメです。

オススメメニュー①「おでん」

横丁にあるおでんの居酒屋なので、当たり前ですが、おでんは絶対に外せません。3代もの間、受け継がれている秘伝のつゆは絶品です。具は大根やたまご、こんにゃくやがんもなどの定番のものが多いですが、ロールキャベツなど変わり種もあります。

ここのおでんを食べに渋谷のんべい横丁に行く方もいるくらいです。

オススメメニュー②「魚料理」

なだーは横丁にあるおでん屋さんですが、斜め向かいに「なだー」のシェフの兄弟がオーナーをしている「まぐろ処」というお店があります。その横丁の店はまぐろをはじめとした魚介類の料理をメインとしており、そこのメニューも注文することができます。おでんを食べながら、魚料理が食べたいとなったら、シェフに頼んでもらえば、「なだー」でも食べることができますので、是非味わってみてください。ここの魚料理を食べに渋谷のんべい横丁に行く方もいるくらいです。

オススメメニュー③「神聖 純米酒」

是非飲んでほしいのお酒が「神聖 純米酒」です。少し辛口の日本酒ですが、おでんとの相性は抜群です。おでんがあつあつなので、熱燗にするよりも、常温くらいで飲む方が多いのだとか。是非、おでんに合わせて味わってみてください。

ここの神聖 純米酒を飲みに渋谷のんべい横丁に行く方もいるくらいです。

いかがでしたか?

今回は、渋谷のんべい横丁にある「なだー」について紹介しました。あったかい雰囲気の中であったかい料理を食べる、ある意味一番渋谷のんべい横丁らしい雰囲気を感じられる居酒屋かもしれません。今回紹介したもの以外にも美味しいお酒、美味しい料理がありますので、渋谷のんべい横丁に行く際は是非行ってみてください。

また当サイトではのんべい横丁ツアーも行っていますので興味ある方は是非ご利用ください。

https://coubic.com/tokyonightowl/172403

 

ではまた次回会いましょう。