【居酒屋】江戸一

【居酒屋】江戸一

皆様こんばんは!今回は居酒屋を紹介します。大塚にある江戸一という居酒屋をご紹介します。この居酒屋は、大塚に来たら行って欲しい居酒屋4選(https://tokyonightowl.jp/news/大塚に来たら行ってほしい居酒屋4.html)でも紹介させていただきました。大塚には多くの居酒屋がありますが、その中でもイチオシのお店です。大塚の居酒屋でお酒を飲もうと考えている方必見の内容です。

江戸一の歴史

江戸一は大塚駅南口から徒歩1分のところにある居酒屋です。昭和21年創業とかなりの歴史がある大塚の老舗居酒屋であり、昔から「大塚に江戸一あり」と言われるほど大塚に馴染みのある居酒屋です。また、「シンスケ」「鍵屋」と並んで東京三大居酒屋に数えられる大塚の名酒場です。1人ずつにおぼんが出てきて、その上に自分の好きなお酒や料理をのせ、料理やお酒を味わいます。ちなみに、この大塚の居酒屋は予約はできませんので、注意が必要です。

居酒屋内の雰囲気

ガヤガヤと飲む大衆居酒屋ではなく、1人で黙々と飲むタイプの居酒屋となっています。居酒屋内はBGMも流れておらず、雰囲気も味わいながらお酒を飲むという大塚の居酒屋です。年齢層も比較的高めになっており、40代前後のお客さんが多くなっています。居酒屋内にはカウンターがコの字型に20席、奥にテーブル席があります。カウンター席は常連さんが多くなっているため、最初はテーブル席に案内してもらう方がいいかもしれません。

補足にはなりますが、居酒屋内の撮影はNGとなっているため、くれぐれも料理やお酒の写真などは撮影しないようしましょう。

絶対に飲んで欲しいお酒「惣花」

絶対に飲んで欲しいお酒として惣花というお酒があげられます。明治32年に皇室御用酒となったという歴史のある、由緒正しい日本酒となっており、生産量が少なく「幻のお酒」と言われています。江戸一では、基本的に日本酒は熱燗やぬる燗で楽しむ人が多いという特徴もあります。ぬる燗は温すぎず熱すぎずちょうどいい温度に仕上がっています。大塚の江戸一に行く際は、滅多に出会えないお酒、惣花を是非堪能してみてください。

頼んで欲しいメニュー「刺身と焼き魚」

大塚の居酒屋、江戸一では、刺身や焼き魚など多くの魚料理があります。料理も仕入れによって変わることがありますが、その中でも珍しいのが鯨です。鯨が刺身で食べることができる日もありますので、あまり出会えない食材ですので、出会った際には是非食べていただきたいです。もちろんお酒との相性は抜群です。ちなみに、焼き魚を注文する際は、通常と少し違いますので分からなければ店員さんに聞きましょう。焼き魚は日本酒や他のお酒とも合いますので、是非注文してみてください。

いかがでしたでしょうか。今回は、東京三大居酒屋の1つである大塚の江戸一について紹介しました。比較的年齢層が高く静かな大塚の居酒屋なので、友人と騒がないように注意しましょう。今回紹介したお酒や料理以外にも美味しいお酒、美味しい料理がありますので、是非立ち寄ってみてください。

当サイトでは、東京大塚 のれん街のガイド付きツアーも行ってますので、利用するのもオススメです。

https://coubic.com/tokyonightowl/172403

 

それではお酒好きの皆さん、また次回お会いしましょう。